ナチュラルペニスと言う考え方

ナチュラルペニスと言う考え方

海外で主に使われる言葉ですが、皮をかぶったペニスいわゆる仮性包茎の事です。

日本では包茎は恥のように思われていますが、海外では自然な状態で好ましいと考えられています。

それは病気的に扱われる、真性包茎やカントン包茎は除いています。

仮性包茎と言う言葉は海外には存在せず、あえて言うならノンカットやナチュラルと表現されます。

アメリカの場合は、約6割の人が、文化的、習慣的背景で手術しています。

基本の考え方が、カットかノンカットかの2つに分けるのが主流だからです。

しかし、最近では復古の流行により包皮再生と言う包茎にする為の手術も行われています。

包茎(ナチュラルペニス)に対する憧れから来ているとの事です。

それに対してヨーロッパでの手術は、殆んど宗教上の理由でしかも全体の10%程度のみです。

これは歴史的絵画や彫刻でも表現されている通り、大半が包茎です。

古くから自然が一番美しいと考えられてきたからです。

現在世界的にも包茎のメリットが常識と成って来ていますが、日本には浸透していません。

そんな状況下ですので、自分で恥と考えるなら手術した方が自信に繋がるでしょう。

そもそも包茎とはどういう状態か

男性は陰茎を持って生まれて来ます。

そしてその周りには包皮が有り、外部からの衝撃や細菌により機能が損なわれない様に守っています。

その構造の中で、非勃起時つまり普通の時に亀頭部が包皮で被われている状態を包茎と言います。

それに対して、常に亀頭部が露出している状態を露茎、普段は露出しおらず勃起時に露出する仮性包茎が有ります。

もともと、子供は包茎の状態で生まれて来ます。

そして第二次成長期に、ホルモン分泌が盛んになり体が大人の男性らしく成長します。

その時にペニスも成長しますが、包皮先端の包皮孔が勃起時に裂け亀頭が露出すれば露茎に成ります。

しかし、勃起を繰り返す過程で包皮が異常に延ばされて余剰の皮膚が出来ると、仮性包茎に成ります。

原因は遺伝的要素も有りますが、前述した通りの成長過程の要因も有ります。

包茎の基礎知識

ちなみに欧米諸国では、割礼と言うペニスの先端を幼少期に切る儀式が有ります。

これにより包茎は少なくなるとの事です。

日本にはその様な儀式は有りませんので、包茎の状態によって適切な処置が必要と成ります。